か行のバイク用語集(か〜こ)

あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 ら行 わ行

「か」〜「こ」のバイク用語(か行)を集めました。ぜひ参考にしてみてください。

カウル (Caul)

空気抵抗を減少させる為に取り付けられているカバー。

乾燥重量(かんそうじゅうりょう、Dry weight)

ガソリン、オイル、冷却水、バッテリー液、車載工具を含まない重量の事である。

外燃機関(がいねんきかん、External combustion engine)

機関の外で燃料を燃焼させる機関のことである。

カブる (かぶる)

プラグから火花が飛ばなくなってしまうこと。

キック (Kick)

レバーをキックすることによって人力でエンジンを始動させる方法。

キックバック(kickback)

強い反動という意味。自動車やバイクではハンドルに伝わってくる。

キャブレター(carburetor)

一般にはキャブと呼ばれている。ガソリンを気化させ空気と混ぜてエンジンに送り込む装置である。

吸気音(きゅうきおん、Suction noise)

エンジンの吸入行程で生じる空気の発生する音。

旧車 (きゅうしゃ)

販売が終わっている絶版車のことをいう。

クラッチ(clutch)

エンジン(動力部)の回転などのエネルギーの伝達を、切り離したり入れたり、滑らせながら伝達させるなど制御する機械要素、装置。クラッチペダルを踏み込んで操作する。

空気抗力係数(くうきこうりょくけいすう、Air drag coefficient)

Cdで表される空気の流れに対する形の係数。

空冷 (くうれい)

エンジンの熱を空気中に放出する冷却方法。

クランキング(くらんきんぐ)

モーターや人力など、外部の力でエンジンのクランクシャフトを回すこと。

原付 (げんつき)

原動機付き自転車の略。

コイル(coil)

イグニッションコイル(点火コイル)のことである。

混合比(こんごうひ)

オートバイで言うとガソリンと空気、オイルとガソリン、水とラジエター液を混ぜ合わせる比率。


お気軽にお電話ください 03-6803-1135

Pagetop